©2018 by Omihachiman SAGICHO HOZONKAI

  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • Twitter Clean

 近江八幡左義長祭は毎年3月中旬の2日間に渡り、旧城下町の奉納町によって日牟禮八幡宮に奉納される祭礼行事です。

織田信長も好んで町衆と共に踊り出たとされるこの祭りは天下の奇祭とも呼ばれ、国選択無形民俗文化財に指定されております。

冬と春がせめぎ合う季節に勇壮華美に繰り広げられる左義長祭りは、湖国滋賀に春を呼ぶ祭りとしても知られています。

45.jpg

 担ぎ棒を通した大松明に取付けられた「ダシ」は、その年の干支を題材に各奉納町が趣向を凝らして作り上げます。

「ダシ」はその全てが小豆や大豆などの穀類、スルメや昆布などの乾物といった食材を使って作り上げられるのも大きな特徴で、素材や色合いを活かすなど創意工夫をし、各奉納町ともに正月明けから2~3ヶ月の期間を要して経費や手間を惜しまず、祭礼初日に執り行われる「ダシコンクール」の優勝を目指して丹精込めて作り上げます。

FH000014.JPG
FH010019.JPG
FH000008.JPG

 祭礼初日、華やかに飾り立てられて日牟禮八幡宮に集った各奉納町13基の左義長は、この日を晴れの舞台と待ちわびた若衆たちに担がれ「チョウヤレ」の掛声も勇ましく旧城下町を練り歩いて渡御を行います。

3.JPG
2(左).jpg

 祭礼2日目は左義長同士をぶつけ合う通称「ケンカ」が日牟禮八幡宮の内外で繰り広げられます。

老いも若きもが自分たちの町内の威信と誇りをかけ、相手の左義長に負けないよう力の限りに左義長を押す「ケンカ」は左義長祭の華でもあります。

17.JPG
31.JPG

 祭礼2日目の夜、日牟禮八幡宮まで担がれた左義長は担ぎ棒を抜かれ、火除け厄除けの願いを込めて奉火されます。

この日まで全霊を込めて作り、全力を出して担いだ左義長が燃えゆく様を見て涙する若衆たちも少なくありません。

​ 左義長祭が終わると湖国に本格的な春が訪れます。

SCN_0002.jpg